入谷式足底板の勉強会に行ってきました。

歩き方

理学療法士の入谷先生が開発された足底板のメソッドです。

靴の中敷、インソール

っていうとイメージがわきやすいかと思います。

 

靴や足裏を観察された時、

「靴の外側がすり減る」

「逆に内側がすり減る」

「足のアーチが乏しく扁平気味…」

などの、足元の特徴を気にされたことはありませんか??

 

腸脛靭帯炎、鵞足炎、

股関節のインピンジメント

など下肢の障害

 

骨盤・背骨の歪みからくる

腰痛、猫背

・・・などなど

 

多くの障害は小さなメカニカルストレスの繰り返しにより、疼痛を誘発させています。

体の中でも足底は、唯一の地面との接触箇所です。

歩き方

なので、足底、足指、足関節の動きを評価することは、体の歪み、痛み改善にとても有効です。

昨日は、足裏にパットを貼りながら歩行分析をしていきました。

 

ウォーキング

マラソンやウォーキングでのパフォーマンス改善・痛み改善に役立てたいと思います!

 

 歩き方