皆さん、ビタミンと聞くとどのようなものを思い浮かべるでしょうか??

「何か肌に良さそう!」なイメージがあるかもしれません。

エステではビタミンCイオン導入があったり、化粧水にビタミンC誘導体と書かれてあったり、ビタミンC、B2,6のサプリもよくお見かけしますね。

しかし、体に適切に作用させるには、一番は食品から摂ることが理想です*

 

糖質・脂質を消費させるビタミン

体脂肪は、血中の余った糖質や脂質が合成されて貯蔵されます。

糖質や脂質の量、食べ方をコントロールすることも大切ですが、ビタミンB2を摂ることでも、糖質・脂質・タンパク質の代謝を促進してくれます。

含まれる食品としては、レバー、豚肉、チーズ、牛乳、バターなどです。

 

ビタミンの作用・食品

三大栄養素とは別に、五大栄養素のビタミン、ミネラル。

ビタミンは、体内に取り込まれたさまざまな栄養素を分解・合成する際の触媒のようなものです。

栄養素が効率よくはたらけるように補助し、消化・吸収を助けます。

 

他のビタミンのはたらきも大切です。

ビタミンA

暗い場所での目の順応性を高める、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。

うなぎ、豚肉、レバー、卵黄、かぼちゃ、にんじんなど

ビタミンC

鉄分の吸収を高め、体内でのコラーゲン生成にも関わります。不足すると、免疫力低下、毛細血管の弱化。

柑橘類、いちご、ホウレンソウ、ブロッコリーなど

ビタミンD

骨を形成するカルシウムの吸収をサポートします。食べ物以外に日光浴でも補うことができます。

魚介類、卵、しいたけ、きくらげ、など

 

バランスの良い食生活を心がけましょう*