ダイエットに関するお話で、血糖値、ブドウ糖、インスリン・・など糖代謝に関する言葉がよく目にするかと思います。

今日は、ダイエットに関するところで、糖代謝についてお話していこうと思います。

 

人が生きていくためにはエネルギーが必要

人が運動したり、歩いたり、仕事をしたり、動くためには、その動力となるエネルギーが必要です。

 

実際、じっとしていても、寝ているときも、呼吸や体温調整などのためにエネルギーを必要とします。(基礎代謝エネルギーとよばれるものです)

 

エネルギー源となるのは、糖質、脂質、タンパク質です。(三大栄養素と呼ばれるものですね)

 

エネルギーを生むための燃料というイメージです。

 

 

今回は糖質のエネルギー代謝にスポットを当てます。

 

私たちが食事で糖質をとると

※糖質の多い食品…たとえば米、パン、芋類、お菓子、果物など

 

糖質が体内でブドウ糖に分解され、

酸素とともに燃焼されてエネルギーが生成されます。

 

このエネルギーを使って生命活動が営まれます。

 

 

糖質を摂りすぎると、太る??

糖質は、生命活動のエネルギーとしてとても必要なものです。

 

しかし、糖質を必要以上に摂ると、ブドウ糖が血液中に余ってしまいます。

 

 

通常でも、血液中にブドウ糖が増えると、インスリンというホルモンが分泌されます。

するとブドウ糖はグリコーゲン(ブドウ糖の貯蔵型)に替えられ、筋肉や肝臓に貯蔵されていきます。

しかし、貯蔵できないほどブドウ糖が多いと、脂肪細胞の中に体脂肪としてため込まれていきます。

これが、糖質を摂りすぎると太る、と言われる理由です。

 

急激な血糖値上昇を防ぐ糖質の摂り方

全く摂らないというわけではなく、摂り方を考えていきましょう。

糖質は、私たちが脳で思考するとき、体温を調節するとき、筋肉を動かすときなど、大切なエネルギー源となってくれます。

ここでは、急激な血糖値上昇を防ぐ方法(ストレスなくできそうなもの)を一つお伝えします。

 

🥬食物繊維(野菜や海藻類)から先に食べて、糖質は最後に。

 

食物繊維は消化が遅いため、長く胃や腸にとどまります。

なので、その後入ってくる食べ物の消化・吸収がゆっくりになるのです。

糖質の吸収がゆるやかになるため、急激な血糖値の上昇、体に体脂肪として溜め込むのを防ぐことができます。