福岡、腰痛、ひざの痛み、股関節の痛み、ピラティス、パーソナルトレーニング、作業療法士

お腹が痩せなくて困っている方

【こんなお腹のお悩みの方にぴったりです】


『年を重ねて下腹部の脂肪が落ちなくなってきた。』


『自分は反り腰のような気がする。』

『骨盤の歪みが気になる。』

 

このようなお悩みの方に・・

体の歪み改善トレーニング

で骨格からきれいに痩せられます!!

↑詳細はこちらをクリック

 

体の歪み改善トレーニングを受けられたA様 2ヶ月後の結果

体重-2.5kg、下腹部-7cm、腰痛改善

 

 

 

 

なぜ体の歪み改善トレーニングが最適なのか?!

【体幹コアとお腹痩せの関係】

ピラティスやヨガでは
体幹コア(またはお腹のインナーマッスル)をきたえて、お腹痩せしましょう』
という言葉をよく聞かれると思います。

体幹コアマッスルには腹横筋という
天然のコルセットの役割をする筋肉があり、

そこを鍛えると
内臓を正しい位置にキープしてくれるため、
ポッコリと出たお腹が引き締まるのです。

 

内臓が正しい位置で働けるので、
消化機能・代謝が良くなります。

また、腹圧が高まるので、便秘が解消したというお客様の声もよく聞かれます。

 


【背骨の歪みと体幹コアはセットで改善する】

たとえば、反り腰や骨盤の歪みがあると、
図の×のようにお腹が前に出っ張って下腹部が出て見えます。

骨格自体にこのような歪みがあると、よく使う筋肉ばかり収縮し、弱いところは働きにくいです。
せっかく体幹コアを鍛えようと思っても効果半減です。

骨盤・背骨のアライメント(配列)を整えながら、体幹コアを鍛えて、効率的にお腹を引き締めていきましょう。

 

【もう一つのポイント:肋骨の動き】

もうひとつ、お腹が大きく見える理由として、
肋骨の動きが悪くなっている原因が考えられます。

肋骨の動きが悪いと、広がって前にでっぱって不動の状態のことが多いです。この状態では、お腹の体幹コアも働きにくい状態です。

横隔膜をしっかり使って、肋骨を開く・しめる筋肉をきたえると、アンダーバストがひきしまり、くびれをつくりやすくなります。

 

【歩き方を変える】

正しい姿勢で歩くと、体幹の筋肉がしっかり働き、お腹痩せにも効果的です。

人は、毎日8000~10000歩程度歩きます。
日常の動きでもエネルギー消費を高められるよう、日頃の歩き方を見直していきましょう。

↑詳細はこちらをクリック

まずはお体の状態を評価して
解決策をご提案いたします。
お体の歪みチェックとして
こちらのみのご利用も可能です。

ご質問・無料相談は
お気軽にご連絡ください。


PAGETOP